FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ハチミツ

ニホンミツバチを飼い始めて、2年。ようやく採蜜できるようになりました~!

う~れ~し~い~よ~~~~~


オットが、私の休みに採蜜のタイミングを合わせてくれました。ひゃっほう!

           蜜採り1


まずは、ハチ箱の天板を「こつ、こつ、こつ・・・」と叩きます。そうすると、巣箱の中のハチが下に降りてきます。  


      蜜採り3 

   こんな感じ。巣が一番下まで下がってきているのが、見えます。


            蜜採り2


ハチがおおかた降りたら、天板にテグスを通してハチの巣を切り離します。

このときのミツバチは、当然怒っています。いつ刺されてもおかしくありません。目を凝らせば、オットの周りで飛びまくっているのが見えるはず。   


       蜜採り4

切り出したハチの巣です。蜜の多くは大事にミツロウで塞がれています。  



         蜜採り6


蓋を切り剥がせば、ほらっ!濃い、濃~い、ハチミツですよ~。


           蜜採り5


今回は、一段だけ頂戴しました。2段目も蜜がけっこう詰まっていたのですが、これはハチのために置いておきます。順調に巣が成長すれば、秋にもう一回採蜜できるかな~。できるといいなぁ。


                蜜採り7

巣を割って、ザルにあげます。セイヨウミツバチで使うような、攪拌機は使わず、自然に蜜が落ちてゆくのを待ちます。  


       蜜採り8


あぁ、キレイ。ぴっかぴっかの、ハチミツが採れました。

ニホンミツバチは、環境にうるさいハチだと言われています。巣を設置する環境だけでなく、周りの自然環境にも敏感な生き物です。こちらの都合ばかりをミツバチに押し付けようとしたり、周りの環境が変わってしまったりすれば、ミツバチは群れが弱くなったり、はたまたその巣を捨てて、引越ししてしまう場合もあるのです。


ニホンミツバチが、私たちの暮らしと森を繋いでくれています。


あるがままの自然に対して、しなやかでありなさいと、私たちに教えてくれます。



この黄金色の蜜は、豊かさの証し。色々なバランスの上で輝く、結晶なのです。



そらとうみと も更新中。




スポンサーサイト
2009-07-14 : ユートピア大作戦 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

てるは

Author:てるは
自然が好き
人が好き
食べるの好き
楽しいの大好き

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。