FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

屋久島虫草祭2009

 今年もこの季節がやってきました。虫草祭in屋久島です。虫草(むしくさ・ちゅうそう)とは、「虫に生えるキノコ」のことです。冬虫夏草(とうちゅうかそう)ともいいます。

 ざっくり説明すると、私たちがよく食べる、キノコがあります。キノコはマツタケのように地面から生えるのもあれば、シイタケのように朽木から生えるものと様々です。キノコは植物と違い、光合成のような自己生産をしません。生きていくためのエネルギーを何かしらに依存する訳なのですが、マツタケの場合は地中でアカマツの根と共生してエネルギーを確保するし、シイタケの場合は、椎の木などの朽木を分解することで、エネルギーを得ています。

虫草はずばり、虫を分解することでエネルギーを得るキノコなのです。この虫なのか植物なのか一見よく分からない姿を、昔の中国の人が「この不思議な姿をした生き物は、冬の間は虫として、夏の間は草として活動するのではないか」と想像したことで、冬虫夏草と呼ばれるようになったと言われています。
 
虫草は一年中いつでも発生するわけではありません。キノコですから、当然湿気の多い時期を好みます。秋よりも、梅雨時がベストです。


虫草は森に埋もれています。ですから、これを探すには、牛歩と低い姿勢が求められます。


       虫草祭1


 そうして、キノコらしきものを見つけると視線をとめて、ルーペを使い、じっくり観察します。ただのキノコと虫草の区別は、キノコの頭がつぶつぶしているかで、見極めます。そうでない虫草もありますが、まずはこのつぶつぶを見つけるようにして慣れていくのがよいです。

 
    虫草祭2

これは「クチキフサノミタケ」という、虫草です。朽木の中を住みかにしている虫の幼虫から生えます。比較的簡単に見つかるので、入門虫草と言えるでしょう。


ところが今年は、最近の少雨のせいか、森の中を歩いても歩いても、めぼしい虫草が見つかりませんでした。過去に、セミタケ類、超希少種のゴキブリタケ、カメムシタケ、等など多様な虫草を輩出している名ポイントで必死に探すも、数本しか見つからず。

そんな中、私てるは、やりました!

     虫草祭3


 写真の腕が悪くって、本当に申し訳ありません。かろうじて、つぶつぶが分かるでしょうか。私の中では、新しいキノコの感じがします。まだ見たことのない虫草かもしれないことに、胸がどきどきします。図鑑を思い出しながら、ハチタケかな~、と掘りだしてみると・・・。


         虫草祭4

 その名を「コガネムシタケ」と言います。(そのまんまやん!)屋久島では初。私の虫草の先生である、げっちょこと盛口満さん曰く、「八丈島では出るけど、他ではめったに出ない」そうな。イエーイ!

普段から持続的に森をつぶさに見ているヤマシタさんやオットと違い、最近の私はたま~にしか虫草探しをしません(夢中になってた時もあるのですが)。ですから私には、二人のような安定感のある発見はないのですが、この「素人目線」が稀にヒットを出すのです。むほほほほほ。

あー楽しかった。


最後に、虫草のハンディ本、「冬虫夏草ハンドブック」が文一総合出版より発売されました。(またしても、ボケてる~!) 

      虫草祭5

左がこの本の写真を担当した安田さん、右が著者の盛口さん(げっちょ)です。虫草の不思議、虫草を探し、そして掘り出すポイントなどを、分かりやすくまとめてあります。この本をぱらぱらとめくって、「こういう形をした虫草があるんだ」ってことを頭のスミに置いとくだけで、森を歩く際にに目にとまりやすくなります。

虫草は、キノコだけでなくその宿主となる虫にとっても住みよい森でないと発生しません。つまり、虫草が育つ森は、「色んな生き物が生きてゆける、バランスのとれた森である」と言えるのかもしれません。だから、私はこの不思議なキノコが大好きなのです。

           
スポンサーサイト
2009-06-19 : 野外活動のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

神戸のこと ~近郊の山2~

 さあ、山遊びも最終ラウンドです。

 屋久島に帰る前日に家族とでかけたのは、お花畑で有名な伊吹山。

     伊吹山1
   
花畑のピークはまだ少し先なのですが、それでも様々なお花を楽しめました。これは、コバノミミナグサの群落。



     伊吹山4

ニリンソウも良く見かけました。


      伊吹山6

こちらは、イブキハタザオ。



       伊吹山2

グンナイフウロはちょうど咲き始めの頃でした。




       伊吹山5
  

歩いているうちに、雲がぐんぐん動き始めました。大気が動き出す瞬間って、それだけでどきどきします。



       伊吹山3

湿った石灰岩上には、ヒメレンゲがかわいらしく咲いていました。


  
伊吹山は山頂間近まで車で行くことができ、急勾配もないので、子供やお年寄りでも歩くことができそうです。でもって、物凄い数と種類のお花を楽しむことができるというのは、素晴らしい限り。今回も、写真で紹介した花以外にもウマノアシガタやオドリコソウ等など、様々な色と形の花を見ることができました。



ってなもんで、許された時間を目一杯山につぎ込んで、大満足で屋久島に戻りましたとさ。

今回の山遊び、葛城山以外をすべて付き合ってくれた母よ。大台ケ原までの長いドライブを引き受けてくれた父よ、本当にありがとう。




家を離れた娘は、「来てよーし、帰ってよーし」って思っただろうな。






2009-06-18 : ひとりごと : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

神戸のこと ~近郊の山々~

 六甲山以外の山にも出かけました。


 まずは、5月21日に奈良県の葛城山へGO!

葛城山


山頂付近は一面のヤマツツジです。
自生したツツジを下草払いをしながら、大事に育てたようです。
ややピークは過ぎていたものの、お花見を楽しむには十分でした。

今回は、ロープウェイは使わずに登山口から歩いたのですが、道中はほとんどがスギ・ヒノキの人工林でした。山頂付近では、なかなか立派なブナもあり、季節になるとカタクリの群落も楽しめるようです。次回くるときは、ぜひ山頂付近の周遊散策コースも歩きたいものです。


葛城山の3日後に六甲山に登り、その2日後にまた六甲山に登り、そしてその二日後の5月28日はまたしても奈良県(しかも奥の方)にある、大台ケ原へ!

前々から、行きかったのですよ、大台ケ原。

なのに~・・・・・



       大台ケ原1


写真は正木が原と呼ばれる所。

ここは、伊勢湾台風という昭和34年に発生した、超巨大台風によって、森が一夜で吹き飛ばされた所です。この台風、どれくらい巨大だったかって言うと、最低中心気圧895hpa(!!!)、最大風速(瞬間最大じゃないよ)75m/sでした。1993年に屋久島に上陸し多大な被害をもたらした台風13号より大きい。


そんな風が抜ける場所なもんで、突風が吹く、吹く。


視界を確保するための傘も、一瞬で


      大台ケ原2



身の危険を感じたので、早々に引き上げました。
残念だけど、仕方がない。

でもね、でもね、帰りにとーーーーってもスバラシイ温泉に立ち寄りましたの。うふっ。


毎度、毎度、肝心なトコロで写真を撮り忘れるのですが、今回立ち寄ったのは大台ケ原の麓、大迫ダムの淵にある、

入之波温泉(しおのはおんせん って呼んでね)   「山鳩湯」
                  

        
炭酸重曹泉という、空気に触れると茶色く変色するお湯がなんと1分間に500ℓの勢いで湧いているそうで、湯船にごんごんと掛け流されてた。湯温は39度ということで、永遠に入ってしまえそうな湯加減。ほえぇぇぇぇ~。

湯船は、ヒノキだかスギだかで作られているそうだが、温泉成分のカルシウムが厚く付着してその片鱗も見えません。どちらかというと、鍾乳洞につかっててるようなキブンになる湯船でした。

飲むと身体に良いと表示があったので、試してみたけど、うーん。
・・・・・・鉄棒の味がしました。

いやー、スバラシイ温泉でした。
私のお気に入りの温泉は、屋久島のお隣、口永良部島なのですが、それに並ぶスバラシさです!!
 

ということで、大台ケ原は要リベンジですが、温泉的に大満足という一日でした。


・・・・怒涛の山遊びはまだ終わりません。
へへへ。










    


 




     

  


    
2009-06-16 : ひとりごと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

神戸のこと ~六甲山偏~

神戸滞在中、六甲山へ何度か足を運びました。

        ハーブ園1


まずは、友人とピクニック目的で布引ハーブ園へおでかけ。
何かとロスタイムの多いメンバーで出かけたために、14時前に到着。にもかかわらず、目の前にある、ハーブのギフトショップに一同早くも足が動かなくなる。お腹ぺこぺこなのに。

         ハーブ園2



やっと足が動いたかと思ったら、今度はハーブの畑に心奪われまたもやストップ。だってハーブ園だもん。我が家にも増やしたいハーブの名前をせっせとメモりました。

でやっとこさ、ピクニックを開始したのが15時過ぎ。それから閉演までの2時間、ずっと食べてました。あまりに空腹すぎたため、写真を撮る余裕もなし。ローズガーデンも温室も見てませーん。


          六甲1


 こちらは、5月24日の六甲アイスロード。後一週間で屋久島に帰ることが決まってから突然、「せっかくの機会だから、関西の山にあちこち出かけようと思ってたのに~、あたしゃ何やってたんだ~!(勉強してたんだろーがっ!)」と思い出したように騒ぐ娘に、母が付き合ってくれました。

 六甲山って、神戸育ちの人にとっては「遠足の山」。先生に言われるまま、だらだら歩かされて、しんどい、という非常に悪いイメージを持ち続けていました。

でもね、でもね、海側の切り込んだ谷間沿いに照葉樹林、ちゃーんとありましたよ。規模はともかく、なかなか良いではありませんか。

     
    六甲2


ツツジ科、ウツギ科、ユキノシタ科(アジサイ)の花がよく咲いていて、きれいでした。


        六甲3
  
     
ドウダンツツジもかわいかったです。
この日を境に、六甲山を大きく見直しました。


ってなもんで、調子に乗ってその二日後の5月26日に、かーちゃん引っ張って、また六甲山へ。今度は芦屋ロックガーデンから登りました。


        六甲山6



風化花崗岩が創り出す景色に、しばし見とれました。送電線がやや気になるものの、こういう造形を見ながら歩くのって、楽しいね。



     六甲5



途中の池では、睡蓮の花(ヒツジグサかな?)が咲き、イモリがぷかぷか泳いでました。屋久島で見ない動植物に出会えるのも楽しい。



六甲山、おもしろいっす。

表六甲は、森やら花崗岩地形やら表情豊かだし、ひとたび裏六甲に回れば落葉樹の森でまた風景が変わる。で、一日の終わりは名湯、有馬温泉でフィニッシュできるのも申し分ございません。









 
2009-06-13 : ひとりごと : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

屋久島に戻ってます

いやー、すっかりご無沙汰してしまいました。
 
6月の頭に屋久島に戻ってきています。
そろそろ屋久島に戻るメドがついたかなって時に、実家神戸ではインフルエンザで大騒ぎになってしまい、あせりました。ニュースでの映像は大げさではなく、学校が一斉休校した一週間は本当に電車に乗る人の9割がマスクしてましたよ。いやー、神戸から出ちゃいけないってなるかと思いましたよ。まじで。


1ヶ月と半分の神戸滞在。なかなか忙しく、楽しく、過ごしました。
とった写真を見直していて、そういえばこんなの撮影したよなってのがでてきました。


       神戸の制服


いやこれね、何を撮影したかっていうと、「スカート」なんですよ。
地下鉄で通学中の高校生を見ると、みんな長いんですよ、スカートの丈が。
短い子もいるけど、圧倒的に少数派。
制服違ってても、長い。でも、ヤンキーの匂いはしないッス。いたって普通の高校生。

屋久島の高校生はどちらかというと短い。東京に出かけた時なんか「その短さ、ヤバくありませんか」ってくらい短かかった。

「へー、へー、最近の高校生はスカート長いのがオサレなんだねー。」とちょっと関心してウォッチング。後日、大学生になったばかりの娘がいる友人にこの話をしたら、「神戸は、昔からスカート長いよー。」だって。

あれ、そうだったっけ?
彼女曰く、「神戸は山手にある某お嬢様女子高校のスカート丈が、いわゆるスタンダードになっていて、それは昔からずーっと変わってない」のだそうだ。・・・言われてみれば、そうかも。


・・・・・・・なんて、かなりどうでもいい話。





神戸のこと何から書こうかなて思っていたら、こんなことになりました。

神戸偏、しばらく続きます。










2009-06-12 : ひとりごと : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

てるは

Author:てるは
自然が好き
人が好き
食べるの好き
楽しいの大好き

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。